<   2007年 10月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ダンナです。

俺、モーターショーに行きたい。来週は平日に休みがあるので行ってきたいところでんな~。

ココでバーチャル体験してます。ホント便利な世の中になったこと。

先月末にリリースされたスクーターファンで、ADIVAの新しいゲンコツ(原付)、HYPER5が紹介されていましたね。



More
[PR]
ダンナでーす

どっかに大金が落ちてないかな~、と思って歩いていたら、100円拾いました。
程度の差こそあれ、願えば叶う平和なニッポン!!感謝ですねw

今日はスクーターとは関係のない話です。
日曜日の事ですが、我々シヲヤナギ産業の夫婦はGTS乗り、カバン職人、サーファーの三拍子揃った田端のナイスガイ(長い)ことokadaさんの工房にお邪魔しました。

てっきりデジカメ持ってきたと思っていたんですが、忘れてしまったので残念!

来年の手帳の革表紙注文しにいってきたのでした。

c0108934_251125.jpg

photo by okadaさん

More
[PR]
ダンナれす。

今日は、初回取り付けに断念したクロームのヘッドライトバイザーを装着しました。

先に言っておきましょう。

非常に残念な結果ですw

More
[PR]
ダンナです。

角目ヴェスパちゃんのサイトが出来てるじゃないのー。

http://www.vespa-s.com/

イタリア語はよくわからん!

けど、本格的にコンテンツが見られるようになるのは、26日以降っぽいですね。

VESPA S

いくら気になっても、買えないんだけどさww
c0108934_4152351.jpg


「S」っても、フトゥーのLXと中身(駆動系とか)変わってくるのかしら?
[PR]
ダンナです。

今日は、LX150乗りのYさんとパーツの受け渡しで会う約束をしていました。

迷った挙句、待ち合わせ場所は、両者の中間地点、晴海埠頭の客船ターミナル。

はっ・・・・・波止場・・・・・

渋すぎるチョイスに色めく俺。

出発したら、ガソリン警告灯が点灯していたので、例によってハイオクをブチまけながら補給。
そして、軽く迷う。

晴海か・・・・小学校6年生の時、アマチュア無線の試験を受けに行って以来だなぁ。

と、平成元年の感傷に浸りつつ、トロトロと待ち合わせ場所を探していたら、Yさんより入電。

すみません、寒いのに10分も待たせてしまいました・・・・

この電話のお陰で、無事到着。

Yさんは岸壁で(!!)ブルブル震えながら待ってくれていました。しかも、雨が降り始めた!

c0108934_244380.jpg

気分はセピアでございます。

もう、兄弟スクーターと言っても差し障りないぐらいですね。ビッカビカですよ。二台で走ってたらちょっとしたパレードです。横浜のイカ釣り漁船みたいなビッグスクーターとは違ったアプローチの仕方でw

デニーズで夜ゴハンを食べながら、お決まりのカスタムトークや、俺の人生相談に乗ってもらったり(!?)して、今日はお開き!!そして軽くゴチになっちゃいまして(汗 ありがとうございました。

いやー、LXってホントにいいもんですね!!(水野晴郎)

サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ!!(淀川長治)
[PR]
こちらスネーク・・・・

いやもとい、ダンナです。

大佐ァァ!!裏切ったなァァ!!

いやもとい、皆さんお元気ですか。ライディングに最高な、秋ですよ!!

今日はミチルさんのお誘いで、okadaさんにお招きいただいた川攻防いやもとい革工房にお邪魔させていただきました!!

そこで僕を待ち受けていたのは、びっくり仰天なメンツと、素敵なカスタムのコンボ★

じゃじゃーん

c0108934_02917100.jpg


かねてより羨ましいなあ~と思っていた、本革のグリップを制作させていただきました!!

More
[PR]
ダンナです。

最近、実物が買えないので、こういうのちょっと集めちゃおうかなー、って思いはじめてます。

c0108934_132210.jpg


これがフィギュアの世界への入り口だったりしてな・・・

あの世界は果てしない気がします・・・

ベイダー卿の息遣いが聞こえてきそうww



俺 「で、でも、好きなモノだけだったら別にいいんだよね?いいよね?」






ベイダー卿 「コーッ、ピーッ、コーッ、ピーッ・・・・・ダンナよ、暗黒面のフォースに目を向けるのだ」
[PR]
ダンナです。

ガソリンキャップを開けてよーく見ると、こんな穴があります。

c0108934_2291969.jpg



これは何の穴でしょうか??

空気穴という説が有力になりつつあります。

========↓下記は訂正前の文↓=======

これがおそらく、タンク内の気化したガソリンをキャブに送るパイプにつながっているようです。

ですので、ガソリンをこの穴より上まで入れてしまうと、液体ガソリンがパイプに詰まって調子悪くなる可能性が高いということになりますね。故障まではしないでしょうが・・・

なんなら、PIAGGIO側も、もっと溢れさせずにすむような給油口を設計してほしいものです。

今までいつも、ガソリンはすりきりいっぱいまで入れてましたよ・・・・

てなわけで、ガソリンの入れすぎには注意ですね。


あくまで僕の見解です。もし間違っていたら、やんわりと叱ってね♪
[PR]
ダンナです。

銀座近くの交差点で、右折しようとしてました。

右折の信号が青になったのですが、横に並んでいた台湾スクーターのお兄ちゃんは携帯電話で話していて、信号に変わった事に気付いていないようです。

じゃあ、先に行っちゃえ!!

と、右折が青信号になってから数秒遅れてスタート。

そしたら、対向車線から直進車がすげー勢いで出てきました。
多分、信号を見ていなかったんでしょう。

お互いの存在に気付いて、急ブレーキ。

なんとか接触は免れましたが、車の運転手は不敵な顔をした初老の男性。

c0108934_223185.jpg

俺とは目を合わせないように、そっぽを向いていましたw 殴ったろか!!

対向車線は赤信号だってのに、完全に交差点の中に取り残されています。

完全に赤信号なのに、見ないで突っ込んでくる車ってのを初めて見ました。
そして、衝突しそうになったというww

ノリック隊長の残念な一件もありますから、本当にもらい事故ってのは気をつけないといけませんね。

皆さんも運転には念を入れて、健康第一で楽しくいきましょう!!

バイクが壊れたって、修理する体が元気ならば大丈夫。
ちょっとぐらい遅刻したって、謝る体が元気ならば大丈夫。

あの初老のオッサンはその後どうなったんでしょうか。完全に交差点のど真ん中で止まってましたが・・・
[PR]
by kmshio | 2007-10-10 02:27 | 雑記
ダンナです。

海外のサイトで、piaggioのリーダーエンジンについて興味深い記述がありました。
どの程度信頼できる情報がは判断しかねますが、面白いと思ったので紹介します。

というのも、僕のLXは納車したときからそうなんですが、信号待ちでエンジンを切って再始動、という場合を除いて、セル一発でエンジンが始動することはありません。アクセルを吹かさないとエンジン始動しないのです。これって、慣れてしまった今はそういうものだと思うのですが、やはり不思議だなーと思います。他のLX乗りの方はいかがでしょうか・・・

記事を書き出す上で、自分で整理する必要があったため、多少編集してます。

リーダーエンジン搭載車両に特有の症状:
始動性が悪い事(スタート時にスロットルが必要)、不安定なアイドリング、エンスト

僕が気になった原因は2つ

・ガソリンタンク内の蒸気化したガソリンをキャブレターに送り込むパイプがあり、ガソリンタンクを満タンのつゆだくにすると、通常なら蒸気化したガソリンがパイプを伝ってキャブに侵入するところ、溢れたガソリンがパイプを伝ってしまい、始動性が悪くなるなどの症状が出る

・エアフィルターがガソリンまみれ(そんなことあるのだろうか?)


これらの原因により、僕のLXは始動性が悪いのかなー?と思ったんですが、

始動時の吹け上がらなさは納車時からなので、ちょっと違う原因な気がします。
納車時はガソリン3リットルぐらいしか入れてなかったし。

そのサイトでは、ガソリンタンクからのパイプの位置が書いてあったので、今度時間のあるときにでもチェックしてみようと思います。対策の手術方法も書いてあったので、試してみようかな。

皆さんのリーダーエンジンの始動性はどうですか?

始動性が悪い、とかエンストする、とかの経験がおありの場合は、是非教えて下さい。
[PR]