プチ・マロッシ続報

ダンナ

昨日の取り付けでは、満足に走行する機会が無かったのです。
今日はスタジオまで往復30キロあまりを走行してきました。
ちなみに、昨日のおさらい。

■乾ききった駆動系にグリスアップ(してもらった)
■マロッシ、トーションコントローラー投入(してもらった)
■キャブ調整。若干薄めに(してもらった)

さあ、してもらった事だらけの我がコシヒカリ三世号改。果たしてどんな走りを楽しませてくれるのかな?

・・・と、小さなシンセサイザーを肩に背負うワタクシ(関係者の方々、ベースは辞めて今はキーボードボーカルやってますw)

セルを回して・・・・

ああああれ、ちゅどーんってエンジンスタートしねえ(´・ω・`)

しかも、3度目のセルでエンジンかかったと思いきや2~3秒でエンストw
4度目で無事チュドーンしました。まあ、実用上問題ねえです(適当)



まず、ゼロスタート~15キロぐらいまでのダルがかなり解消されました。これは多分キャブ調整してもらったお陰なのかな?

そして、迎えました20キロ~!! これが楽しいんです。アクセルを全開にしないで中間ぐらいでスィーッと加速していきます。で、アクセル開度そのままで50キロぐらいまでかなりスムーズに加速。その後はアクセル次第って感じです。

聞いていたトーションコントローラーの効果が、このへんなんでしょうか。
僕が気付けたのは中速以降の伸びのスムーズさ(パワフルな加速になったわけではない)です。ゆわキロまでかなりグイーッと伸びます。国道のクルマの流れに乗って試せるのはこれぐらいでした。最高速アタックとかしない性分なんで、してません(事故と切符が怖い)

でも、今更思うんですが、125ccのVESPA LXってのは40~65キロぐらいが一番楽しいのかも。エンジン音もちょうどいいぐらいだし。

その速度域がスムーズになったもんだから、ついつい捻りっぱなしになっちゃいましたw
カマ掘るの怖いんで、お楽しみも程々に、といったところでしょうかねw

そういう意味において、昼間の都内かちょい郊外の国道を流すのにはベストなスクーターかと。
我ながら、いい買い物をしたものです。

さあ、安全運転に更に磨きをかけなければ!!

話は変わりますが、最近、白バイの兄ちゃんが教えてくれる二輪車交通安全教室に行ってみたいな~ なんて本気で思ってます。



毎日仕事でバイクに乗っているプロが教えてくれるんだから、安全運転に役立つんジャマイカ?
オートマベスパ10台ぐらいで一気に行ったら面白かったりしてヽ(´ー`)/
[PR]