改装した東京ベスパに行くの巻

ダンナです。

嫁のSACHS OPTIMA50を動かそうとしたら、全くエンジンがかかりません。
漕ぎながらバスン、バスン、とエンジンをかけようとするのですが、無理。
結局、暑いのに近所をモペッド漕いで一周しました。メットの中が汗でビショビショ。
疲れすぎてヨダレだらだら。あー、なんなのよもうっ!!
プラグ見たけど元気そうだし、一体どうしちゃったんでしょうねえ。
メットかぶってペダルを漕いでいると、近所の視線は一点に集まります。
注目されるのが好きな人はモペッドを買いましょう~

さて、恒例の平日休みな小生は、昼間からスクーターの事しか考えておりません。向かいに住むPX乗りのH君(現在無職)に電話をして、ボク暇なんです助けて、と訴えると、東京ベスパでPXを買ったH君は「移転した東京ベスパの本店に行ってみなイカ?」とのこと。

おーっしゃ、名店との噂が高い東京ベスパ、行ってみようじゃないか!!



正午に集合したチーム黒蜂。

c0108934_4261533.jpg

今日はデジカメを忘れたので携帯写真のみ。

ワルそうなベスパ2台で明治通りをブッ込みます。途中で赤いLMLのスターデラックスに遭遇しました。おっしゃ、幸先良いです。

結局30分かからないぐらいで到着。明治通り沿いのオレンジの建物なので、すごーくわかりやすい。迷いません。
c0108934_4285332.jpg

ちょっとくすんだ、でも鮮やかな外観。名物店長さんは、俺達が入店した直後にkineticのblazeでどこかに旅立っていきました。

H君は2ストのオイル、ボクは思うところあってステッカーを購入しました。
「VESPA」って書いてあるステッカーです。

帰宅後、ここに貼った。ナンバープレートとフラップの中間です。
c0108934_4322189.jpg

スキマ恐怖症なもんでw

樹脂部分に貼るので、パーツクリーナー吹いて、樹脂用のクリーナー吹いて、またパーツクリーナーで脱脂。穴の上に貼るので、同じ大きさにかたどった他のステッカーを貼った上にぺタリ。ボクらしからぬ用心深さです。

はい、東京ベスパの店内ですが、やはり今は新築の匂いがプンプンしてまして、でも奥のピットスペースはもうガッツリ稼動状態。GSかなんかの整備をしてました。

店頭には数々のベスパに加え、kineticのblazeやマラグーティのファントムマックスなどが展示されてましたね。ファントムマックスって、俺が想像していたよりもデカくみえました。写真で見ると原付に毛の生えた程度かと思ってたんですが、そうでもないようです。かといってビッグスクーターのサイズではなく。ちょうどいい感じですね。

至る所にkineticのblazeが展示されてました
c0108934_4384148.jpg



店内は一階がピットスペースとパーツ販売、二階がスクーターをずらりと展示されているスペース。3階はまだ完成していないんだそうです。

二階の展示スペース
c0108934_440665.jpg



まあ、そうこうしているうちに用事も無いんで、出発することにしました。

どこに行こう・・・

相談の結果、明治通りをひたすら南下して、小学校の時に習った「夢の島」に行くこととなりました。おーっ、すげー!!ゴミの島ですよ!

といっても臭いわけではなかったです。当然ですが、様々な施設がありましてね。第五福竜丸の展示館とかコロシアムとか東京マリーナとかスポーツセンターとか。なかなかの複合施設っぷりです!!

ちなみに、ここの駐車場は入って右と左に分かれています。オートバイの駐輪場は正門入って右側。入り口に「オートバイ用はこちら」とは不親切にも書いていないし、オートバイレーンも入り口からは見えないんで、勇気を振り絞って先の見えぬ道を進んだものだけが勝利するのです・・・ちなみにオートバイ料金は一回200円です。

バイクを止め、高台に上るとなにやら奇声が聞こえてきました。

おおっ!消防士達が訓練しているッ!!

そして、隣のグラウンドでは・・・

c0108934_446564.jpg

白バイ隊員達が「押しがけ」の訓練!!

c0108934_44718.jpg

そして、その横をランニングで横切る消防士達!!事故ったらどういう処理になるんだ?w

しばらく訓練風景を眺めた後、メシが食いたいということなので東京マリーナのレストランに潜り込む。東京マリーナ。金持ちのためだけに存在する公立施設。
c0108934_4483722.jpg

船欲しいなんて思った事一回も無いね。

で、レストランで何を食べたかというと・・・
c0108934_4492926.jpg

バリ風焼きそば「ミーゴレン」だとさ。

東南アジア通(てほどでもないけど)に言わせてもらえば

こいつは・・・

レストランは閑散としており、他のテーブルには、金の匂いがプンプン漂う、「老人と若いオネーサン」のカップルが一組。

ま、他人のことはどーでも良くて・・・

帰り道、アプリリアのアメリカンっぽい50ccのバイクと遭遇。チャンバーがどうなってるのかよくわからんけど、メチャクチャ高音の爆音で耳が超痛い。あのバイク早いね!さすがリミッターついてないだけあって、50ccでデカい車体なのに、80キロぐらい出てたぜ!!

しかも、車名が全くわからない!!いつのバイクなんだろう?

アプリリアのアメリカンっぽい形の50ccバイク。

これだけの情報で誰か分かる人いますか?
[PR]